2017年11月25日土曜日

無線機送信タイマー(ラグチューキーパー) スタンバイP 付き   その②

アマチュア無線機アクセサリ 自作用としてプログラミングした ラグチューキーパーですが 早いものですでに第4版(Rev4)です。

現在のrev4では以前の版に指摘されていた、PTTタイマー残時間「警告音が短くて聞き取れない」
また タイムアウトしたことに気が付かず、強制送信停止しているのにもかかわらずPTTスイッチを押し続けてしまうという状況が発生していましたが、マイクの送信スイッチ(PTT)がいったん離れるまで警告音を出し続けることで対処しました。

この動作について動画にまとめてみましたのでこちらをご覧ください。


さて、このラグチュータイマーですが 8本足のDIP IC (外見に似合わずかなり高性能なマイコン)を使用しています。 ICの名前は AVR ATTINY13Aといい 有名なタイマーIC NE555と同じ8pin DIPですが555タイマーICに必要な時定数のCR部品が不要なのにもかかわらず、内部オシレータを使用したタイマーが構成できます。
  
また内部の機能モジュールに関しては、割り込み 8/16bit TIMER PWM  A/D EEROM  内部128kHz オシレーターと盛りだくさんです。

このマイコンにラグチュータイマーのプログラムを書き込むと Flash ROM 1Kbyte に対し、現在約90%の領域を使用しています。 残り10% 約100byteぐらい空いていますから、あと一つか二つぐらいの機能拡張はできると思います。

しかし最近の AVR用 C コンパイラはすごいの一言です。
アセンブラの出番が無いというかそれ以上に最適化されたコードを吐き出し、アセンブラの存在価値が...というくらいのシロモノでした。

AVRマイコンは命令体系がすっきりしていてアセンブラもキレイに記述できるんですけどね。




0 件のコメント:

コメントを投稿

Raspberry Pi + SDRで流星雨の電波観測を試してみる

RTL-SDRをRaspberry Piと組み合わせてスペアナ表示など機能をフルに使用するとCPU稼働率が100%を超え音切れが発生したりアプリが異常終了してしまう現象がありました。 Raspberry Pi3では発生しない(しにくい)のですが、初期モデルであるRaspber...